『黒い司法0%からの奇跡(JUST MERCY)』(2019年アメリカ)

2020.03.10 Tuesday 23:25
0

     この作品は、若き弁護士ブライアン・スティーブンソンが、黒人差別が根強い1980年代のアラバマ州で冤罪により死刑を宣告された黒人青年ウォルター・マクミリアンの無罪を勝ち取るべく立ち上がるストーリーです。
     これは、ブライアンが正義を求めて挑んだ歴史的闘いの実話に基づく作品です。原作は、弁護士で基本的人権の保障に取り組む非営利団体「EJI(イコール・ジャスティス・イニシアチブ)」の事務局長を務める、ブライアン・スティーブンソン著のベストセラー回顧録「黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う」です。
     アメリカでは黒人男性の3分の1が刑務所に入ったことがあるという問題を抱える中、スティーブンソンは多くの死刑囚救済措置を勝ち取っています。
     映画の舞台となったアラバマ州モンゴメリーは、マーティン・ルーサー・キングがバスの人種隔離撤廃を勝ち取ったボイコット運動の拠点でもあります。...
     ブライアンは、著作の中で「“貧困”の反対語は、裕福ではなく“正義”だ。」と言っています。

    JUGEMテーマ:映画の感想

    category:100本の映画 | by:j-k-nolen-cincomments(0) | -
    Comment